MENU

フケとハゲについて

フケには頭皮の乾燥などで起こる乾性フケと過剰な皮脂の分泌で起こる脂性フケの2種類があります。それぞれ対処法や原因が違うのでフケで悩まされている方は自分がどのタイプなのか知っておくと今後の頭皮環境に役立つはずです。まずは乾性フケですが頭皮に皮脂が少なく白く細かいフケが特徴的です。もちろん漢字でお分かりの通り乾性フケの原因は乾燥です。冬は特に乾燥によるフケ症状を抱える人は多いと思います髪の毛を触っただけで乾燥したフケがパラパラと落ちてきます。脂性フケの特徴は頭皮の皮脂の過剰な分泌や間違ったヘアーケアによって発症する事が多いです。白や黄色いフケが見られ、大きな塊のような大きさです。どちらもストレスや生活環境、食生活の乱れなどが大きく影響しています。これらを正しく処置しないとフケが毛穴を塞いでしまったり菌の繁殖によって炎症を発症する原因ともなり抜け毛に進行させてしまう可能性が高くなります。特にフケによる痒みは炎症に結びついてしまう事が多いので注意が必要です。よくフケがある人はハゲやすいと言われていますがこのような事からフケのある頭皮環境が薄毛を作り出していると考えて良いのかもしれません。あからさまにフケがハゲの原因だ、とはなりませんがもしかしたらフケを攻略する事でフケとハゲの密接な関係が分かるかもしれません。フケや痒みが出てくると熱心にシャンプーをしてみたり整髪料で誤魔化したりとついやってしまいますがこういった行為も頭皮環境の悪化を招いている事が多くあります。熱心なシャンプーは脂を取り除きすぎるし整髪料などは時に炎症を発症させてしまう原因になってしまいます。なるべく優しくシャンプーをしたり頭皮を強く掻かないよう注意しシャンプーの回数より成分などを考慮し種類を変えてみるのも良い方法と思います。特にホルモンバランスが崩れている時やフケで悩まされている時は自分なりの対処法をみつけるのではなく正しいヘアーケアを学び、生活環境や食生活を改善する事が大切です。それでも効果がない場合は早めに皮膚科に相談しましょう。気が付いたら薄毛が進行していた、と後悔しないように早めの治療が必要です。